読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ピリカの世界がきれいになるブログ

ごみ拾いSNS「ピリカ」やポイ捨て調査サービス「タカノメ」を運営し、世界からポイ捨てごみを無くすことに取り組む株式会社ピリカのブログです。

春のカンまつり結果発表!!

こんにちは!ピリカ開発チームの光森です。

 

お待たせしました💦

16日に行われました春のカンまつりの結果を発表いたします!

 

f:id:teampirka:20160405164108j:plain

 

今回は37名と多くの方に参加していただきました!

ありがとうございます!

 

そして今回、その中でもTOP5ユーザーを発表させていただきます!!

 

5位「Toshiyuki Nagashima」さん 15個

www.pirika.org

 

4位「Yuh」さん 19個

www.pirika.org

 

3位「ジジイとゴン」さん 24個

www.pirika.org

 

2位「ネネ*」さん 29個

pirikaorg.appspot.com

 

そしてそして最も多く拾ったのは…!??

 

 

「あざらし@ゴミ拾い魔」さんです!!

www.pirika.org

 

なんと48個も拾っていただきました!!

 

 最も多く拾っていただきました、

「あざらし@ゴミ拾い魔」さん

には 賞品として高級ボールペンをお送りします!

  

 

 来月、5月3日は一年に一番ゴミが拾われるピリカの祭典「PIRI-CUP」です!

 

お楽しみにお待ちください!!!

 

 

 

【アジアのスタートアップが集結!】「Orange Fab Asia in 台北」に参加しました。

こんにちは!ピリカ広報の杉山です。

 

4月11日に行われた「Orange Fab Asia in 台北」に代表・小嶌が参加してまいりました。

 

ピリカは、アジアのスタートアップを対象としたアクセラレータープログラム「Orange Fab」に参加しています。そのプログラムの一環で、VCや事業会社に向けて行われるピッチコンテストが台北で開催されました。

 

途中からですが、小嶌のピッチがこちら↓

youtu.be

 

会場の様子がこちら。 

f:id:teampirka:20170411153018j:plain

f:id:teampirka:20170411152917j:plain

 

海外でお話させて頂く機会が益々増えてまいりました。(小嶌が一人では足りなくなってきました)

 

おまけ:台湾のポイ捨てもしっかりチェック!

f:id:teampirka:20170412084852j:plain

 

【川崎市への研究協力】地域コミュニケーションの希薄化と環境問題の関係について

こんにちは!ピリカ広報の杉山です。

今日は、ピリカが協力した川崎市の研究についてご報告いたします。

 

この度、川崎市環境総合研究所と国際大学グローバル・コミュニケーション・センターによる「環境情報・写真 データを用いたコミュニティ活性化支援に関する共同研究」に、ピリカが協力をさせて頂きました。

 

3月29日付の朝日新聞(川崎版)にも研究に関する記事が掲載されました。

f:id:teampirka:20170407114252j:plain

※ピリカ新メンバーの杉山(営業担当)です!

 

この研究の概略を簡単に説明させて頂くと...

 

【研究チームによる問題提議】

少子化高齢化によって地域コミュニケーションが希薄化することで、地域住民同士の協力関係が弱まり、本来ならば自分たちで解決できる課題が行政に持ち込まれる。結果、行政・社会的コストが増えていく。

・しかし、人口減少社会においてはコストにも限りがあるため、住環境がどんどん悪化していくのではないか。

→ 地域における環境コミュニケーションを活性化させ、地域住民による協働や環境行動を促すのに効果的な方法や、そのプロセスを研究する。

 

上記研究の過程で行われた「現状把握のためのポイ捨て調査」や、「監視カメラによるポイ捨てする人の行動観察」について、ピリカが調査協力をさせて頂きました。

 

また、この研究によって作成された「手引書」が国際大学グローバル・コミュニケーション・センターによって公開されています。

www.glocom.ac.jp

 

 今後も、ピリカはこのような研究にも積極的に協力し、抜本的にポイ捨て問題を解決する方法についても検討を続けてまいります。

 

研究チームの皆さん、ありがとうございました!