読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ピリカの世界がきれいになるブログ

ごみ拾いSNS「ピリカ」やポイ捨て調査サービス「タカノメ」を運営し、世界からポイ捨てごみを無くすことに取り組む株式会社ピリカのブログです。

PIRIKA(ピリカ)の目指す未来

ピリカ公開から3ヶ月、世界20カ国で約500個のゴミが拾われました。



はっきり言って、全然足りません。



ピリカの目的は「世界中のゴミを拾いつくし、世界をきれいにすること」です。


そのために目指すのは「世界が自発的にきれいになるプラットフォーム」であり、「世界で年間1億個のゴミが拾われるシステム」です。



壮大な夢物語に聞こえる数字かもしれませんが、実はそれでも全然足りません。




非公式なデータですが、世界で年間に捨てられるタバコの本数は6兆本とも言われます。




1億個ゴミを拾ったところで、実は何の解決にもならない。


ちょっと悔しい数字です。僕たちは世界を変えることができない。




ではなぜ僕らはピリカに取り組むのか。




それは拾ったその先に、「拾うだけ」を超えたその先に、可能性があると信じているからです。



楽天的な僕は思うのです、誰かがゴミを拾ってる横でゴミを捨てられる人ってなかなかいないんじゃないでしょうか。


もし世界中がゴミを拾っている人だらけになって、現実でもネットでもそれがリアルに実感できたらそれだけで捨てられるゴミが減るんじゃないでしょうか。




これって現実を知らない24歳の甘い幻想なんでしょうか。でもやってみる価値はあると思うんです。





僕らはピリカを通して世界の当たり前を変えたい。


「拾う」だけじゃなくて、「捨てない」という当たり前を創りたい。




そうすれば、人類の歴史上初めて捨てられるゴミの数より拾われるゴミの数の方が多くなって、本当の意味で世界が「きれい」になりはじめる。


どうしても、そんな風に思えてしまってならないのです。



ピリカはこれからもどんどん変化していきます。


4人体制だったTeamPIRIKAも紆余曲折あり6人になりました。


もっと楽しく、もっと分かりやすく、もっと世界中で使ってもらえるように、少しずつ改善が進んでいます。


今はまだ未熟なサービスですが、どうか成長過程を暖かく見守っていただき、また一つでも多くのゴミを皆さんと一緒に拾っていく事が出来ればと思います。




この文章を書いている今、また一つエストニアピリカされました。


これで22ヶ国目、世界からゴミが一つ拾われる度にほんの少しずつですが確実に前に進んでいるのを実感しています。




最後に、この文章を読んで下さっている皆さんにお願いがあります。


PIRKAを通じて、ゴミ拾いを通じて、ぜひ僕らと一緒に世界を変えていっていただけないでしょうか?



どうかご協力を宜しくお願いします。

我々株式会社ピリカは世界をきれいにするWEBサービスPIRIKAにご協賛下さる企業様を募集しています。もし少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ぜひ下のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。どうぞ宜しくお願いします!


f:id:teampirka:20130505100541g:plain