読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ピリカの世界がきれいになるブログ

ごみ拾いSNS「ピリカ」やポイ捨て調査サービス「タカノメ」を運営し、世界からポイ捨てごみを無くすことに取り組む株式会社ピリカのブログです。

メンバー紹介その4-綾木良太-

4.綾木良太
Ayaki Ryota
twitter:@ayakix

Developer
担当:アンドロイドアプリ開発

TeamPIRIKAメンバー紹介、4人目はアンドロイドアプリ開発者の綾木君です。

5月15日のアイフォン版ピリカをリリース後、アクセス数は急増し、ツイッターやフェイスブックでたくさん反響をもらい、よくわからないバグが発生しまくり、、、僕らはとにかくてんやわんやしていました。

大慌ての毎日も少し落ち着き、(残念ながらアクセス数も少し落ち着き、笑)ピリカに対するフィードバックを見ていると、特に多かったのが、「アンドロイド版は無いの?」というものでした。


綾木君と出会ったのはちょうどその頃。
きっかけは偶然書いていただいたエキサイトニュースの記事でした。
ゴミを拾って思い出をつくるアプリ!?「ピリカ」で世界中がキラキラ



この記事を見た僕の友人がこの記事につぶやき
→それを見た綾木君が反応してつぶやき
→毎日「ピリカ」で検索してつぶやきを監視していた僕が彼のつぶやきを見つけ、
→彼のプロフィールのAndroidという文字に反応した僕が彼に対して声をかけ、
→お互い関西ということで会ってみる事になりました。


会う事が決まって、あらためて彼のプロフィールを見て思いました。

「あれ?この人、実は凄くない?」


高まった期待は、実際に会って確信に変わります。


小「もし、今のピリカと同じ機能をアンドロイドアプリで実現するとして、どのくらいかかりますかね?」


綾「まあ、一ヶ月くらいですかね。」



アレ、ナンカヘンナコトヲイッテルゾ。




その場でTeamPIRIKA加入を決めてくれた彼は、とんでもないスピードで開発を進めていきます。
研究で平日思うように時間が取れない中、実質開発できた日数は10日にも満たなかったのではないかと思います。

それでも彼は「開発者の意地」とだけ言って、6月30日深夜ギリギリに間に合わせてandroid marketにアプリをリリース。
しかもリリースして休むかと思いきや、そこから続々報告されるバグをどんどん改善していく彼。


凄い同年代もいるもんだなと思いました。
特に彼がすごいのは集中力とその持続力、そして細部にこだわる力。

大雑把な僕の欠点を彼はうまくカバーしてくれます。


また、彼はなんと大学を休学してピリカに専念すると宣言。
完全自費で東京に滞在し、現在はピリカにフルコミットしてくれています。

Open Network Labラウンジにて

まだ台所事情が苦しくスタッフにはボランティアとして関わって頂くことしかできないピリカですが、彼のようなリスクテイカーのおかげで少しずつ前に進むことが出来ています。


現在彼が開発しているリニューアル版ピリカの公開まで後少しです。(公開は10月を予定)
楽しみにしていて下さい!

我々株式会社ピリカは世界をきれいにするWEBサービスPIRIKAにご協賛下さる企業様を募集しています。もし少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ぜひ下のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。どうぞ宜しくお願いします!


f:id:teampirka:20130505100541g:plain