読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ピリカの世界がきれいになるブログ

ごみ拾いSNS「ピリカ」やポイ捨て調査サービス「タカノメ」を運営し、世界からポイ捨てごみを無くすことに取り組む株式会社ピリカのブログです。

PIRI-CUP2016結果報告

こんにちは、ピリカ開発チームの小嶌です。
5回目の開催となりましたPIRI-CUP2016が終了しました。

f:id:teampirka:20160512121419p:plain

時間がかかってしまい恐縮でしたが、皆さまお待ちかねの集計結果と当選者発表をさせていただきます!

 

PIRI-CUP2015集計結果

◼︎拾われたごみの総数
本大会を通じて拾われたごみの数は昨年の4倍以上となる131,601個でした。

拾われたごみの数が最も多かったのは日本でしたが、ヨーロッパにファンの多いビジュアル系アーティスト砂月さんの呼びかけもあり海外からも多くの投稿が寄せられました。

24時間常に地球のどこかでごみが拾われ続け、開発者冥利に尽きる一日となりました。心から感謝しています。

 

◼︎個人ランキング
本大会の拾ったごみの数トップ5は下記の皆さんでした!本当におめでとうございます!特にトップ3の皆さんは1,000個超え... 僕自身当日はかなり頑張ってひろったつもりなのですが、それでも600個ちょっとなので4桁は異次元の世界です...

f:id:teampirka:20160512113731j:plain

 

■団体ランキング(個数は回収容積からの概算です)
こちらは5/3当日に企業または団体として清掃活動に取り組んでくださった皆さんのランキングです。当日GOMIファンタジスタプロジェクト様や日本そうじ協会様の呼びかけでたくさんの企業や団体の方々にごみ拾いに参加していただくことができました。本当にありがとうございました。

1位 GOMIファンタジスタプロジェクト 54,720個

2位 株式会社F.PARADE 34,104個

3位 明るい社会づくり運動滋賀県協議会湖南支部 12,960個

4位 日本そうじ協会 10,080個

5位 京都共栄学園中学校 野球部 2,160個

個人的に面白いなと思ったのは、株式会社F.PARADEさんの清掃活動で、とても楽しそうにごみを拾うと共に、ごみでたくさんのFの文字を作ってくださいました!

f:id:teampirka:20160512115224p:plain

 

■賞品当選者のご連絡
本大会でも協賛企業様にたくさんの魅力的な賞品をご提供いただくことで、大会が大いに盛り上がりました!本当にありがとうございました。今回も各賞に受賞条件を設け、その条件を満たした方の中から厳正なる抽選(エクセルのランダム関数を利用しています)で当選者を決定させていただきました。

※当選者の皆さまには既にTwitter, Facebook, ピリカのコメント欄などで当選のご連絡をさせていただいておりますので、下記に該当される方でご住所などの連絡がまだの方は、早急にご確認いただけますと幸いです。もしご連絡後にお返事いただけない場合は権利が他の方に移ってしまう場合もございますのでご注意ください。

それでは各賞の受賞者の発表です!

【加藤商事賞】
スマートIoT照明「Philips hue」×1名様
条件:日本国内で50個以上ごみを拾ったiPhoneユーザーの方から抽選
Apple homekitを使って操作するため、iPhone利用者のみ対象です)
当選者:ふるい えいじさん

【浜田賞】
高級ゴミ拾いトング MAGIP ZERO×5名様
条件:日本国内で拾ったカン・ビン類の個数で上位5名
当選者:tsukasansansan1さん、モモ☆カシオペイアさん、densuke_jpさん、Eiichiro Babaさん、おはなさん


【ミダック賞】
クオカード3000円分×3名
条件:日本国内で30個以上ごみを拾った方から抽選
当選者:kayoさん、runkichiさん、J_HASSYさん

【日新印刷賞】
飲み物詰め合わせ(りんごジュースorビール)
条件:日本国内で10個以上ごみを拾った方から抽選
当選者:machi.nさん

【ピリカ賞】
ピリカぬいぐるみ(ミニサイズ)+ピリカグッズセット
条件:世界で1番多くのごみを拾った方
当選者:ito ascaさん

皆さま本当におめでとうございます!

最後に... 実はこのPIRI-CUP2016の翌日に、ピリカを通じて拾われたごみの数が3,000万個を突破しました。こうしたイベントでの躍進はもちろんですが、皆さんが毎日コツコツと拾ってくださった結果としての大台突破だと思っています。

次の5月15日でピリカはサービス開始から5周年となります。ずっとピリカを支え続け、ごみを拾い続けてきてくださった皆さんに心から感謝すると共に、チーム一同、より一層の努力をもってポイ捨てごみ問題という地球規模の問題解決に取り組んでいきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!